Long's Hotel

海外へ行くのが不安ならツアーが最適|F1を100倍楽しむ極意

海外旅行における注意点

マナーも知っておこう

パスポート

初めてシンガポールツアーに参加するという方に知っておきたいルールやマナーがあります。塵一つ落ちていない清潔な街並みからわかる通り、シンガポールには様々なルールがあります。それを知らずに破ってしまうと罰金などの厳罰に処されることになるため、事前に知っておく必要があるのです。シンガポールツアーでは、参加申込者に対して事前に現地で守るべきルールが説明されます。代表的なものとしては、道路を汚さないということです。そのため、シンガポールへのチューイングガムの持ち込みは禁止されています。吐き捨てられたものが道路を著しく汚すためです。また、同じような理由から道路に唾や痰を吐くことも処罰の対象とされます。ポイ捨てを未然に防ぐために、タバコが吸える区域も制限されています。ツアー中は以上のことを常に頭の中に入れて、ルールをしっかり守ることが大事です。シンガポールツアーの中には、観光子コースがあらかじめ決められているものもあります。その中にカジノが含まれている場合には、前もって利用時のマナーを確認しておくことが必要になります。カジノによっては、ドレスコードによって入場時の服装が限定されています。そのため、ツアーでカジノに行く場合はその場に相応しい洋服を持参するようにします。これは、一部の高級レストランでも適用されるルールです。その他にも、シンガポールには交通ルールなど守るべきことが沢山あります。車に乗る時にはシートベルトが必須ですし、歩行者が横断歩道以外の場所で道路を横断することも禁止となっています。ツアー中に車に乗ったり散策したりする場合には、交通ルールに従い正しい振る舞いを心がけるようにします。

楽しむためにも

飛行機の模型

シンガポールは時差が一時間しかないため、気軽に遊びに行けるリゾート地として人気です。観光業が栄えていることもあり、シンガポール各地には様々な見所があります。そのため、旅行会社では様々な内容のツアーが組まれています。シンガポールツアーへの参加をお考えの方へ、旅行をより楽しいものにするために必要なお得な情報があります。まずシンガポールツアーの前には、必要な費用を両替しておく必要があります。レートによって金額が変わってくるため、随時その状況をチェックしておくことが大事です。シンガポールには空港内に良いレートで両替ができる所があります。そういった両替所を積極的に利用するようにします。シンガポールは年間を通して気温が高いため、ホテルやショッピングモールなどの施設内では常に冷房がつけられています。温度設定がとても低いため、冷房が苦手という人は羽織るものを携帯しておくと安心です。自分で温度調節ができるように、あらゆる状況を想像して服を用意しておくようにします。シンガポールツアーの中には、航空券とホテルだけを用意してその他は自由というフリープランの商品もあります。フリーツアーに参加する場合は、自分で行き先を決めた上で事前に必要なチケットを手配する作業が必要です。人気のテーマパークは現地でチケットが取りにくい可能性が高いため、前もって予約しておくようにします。出発の日までにインターネットで予約をしておくようにすると、当日にはチケットが手に入るでしょう。

気をつけた方が良いこと

女性

海外の観光地の中でも特に距離が近くて治安が良いということで、シンガポールツアーに参加する人が増えています。物価が安いため、比較的少ない費用で食事やショッピングを楽しむことも可能です。英語も通じるため、初めて海外旅行に行くという人でも安心して参加することができます。ただし、シンガポールにはその国特有の決まりや常識があるためトラブルを防ぐためにも事前に学習しておくことが必要です。ここでは、シンガポールツアーに参加するにあたって現地で気をつけた方が良いことについていくつかご紹介します。シンガポールは一年を通して温暖な気候に恵まれている国です。ただし年末から年明けにかけては雨の多い季節となるため、野外でのレジャーを希望している場合にはこの時期以外のツアーを選ぶようにします。雨の多い時期以外でもスコールは避けられないため、雨具の準備も必要です。スコールは短時間で上がるため、アクティビティに影響することはありません。シンガポールには、旧正月を盛大に祝う習慣があります。そのため、この時期は様々な施設が混雑する傾向にあります。旧正月ならではの活気ある雰囲気を楽しみたいという人には最適です。ゆっくりと過ごしたいという場合は、この時期以外のツアーがおすすめです。目的に合わせて旅行の時期を決めるようにします。軽装で過ごせるような開放的な雰囲気が魅力のシンガポールですが、場所によってはフォーマルな装いが求められることもあります。レストランやバーによっては、ジャケットと革靴の着用がないと入店が認められない場合があるのです。こういった場所に行くことを考慮して、持っていく服を用意することが大事です。