Long's Hotel

海外へ行くのが不安ならツアーが最適|F1を100倍楽しむ極意

海外旅行でレース観戦

現地の夜景も楽しみの一つ

フラッグ

世界を股にかけて開催されるF1グランプリの中でも、豪華な夜景を楽しめるとして好評なのがシンガポールで開催されるグランプリです。東南アジアの小さな島国であるシンガポールは、独自の経済政策により周辺国よりも早く発展してきました。観光都市としても先進的な進化を遂げ、世界中から多くの観光客を集めています。観光都市として設備が整っていることから、F1グランプリの開催国としても早くから認められています。中国などと比べても過去の開催回数は多く、高度にマネジメントされたイベントを楽しめるのが特徴です。旅行代理店などでF1のシンガポールグランプリ観戦ツアーを申し込むと、現地で開催されるレースイベントを観戦できます。F1は独自のルールで作られたフォーミュラカーが順位を競うもので、最高速度だけでなくコーナリングスピードも非常に速く、迫力満点のスポーツイベントとなっています。観戦ツアーにはグランプリ会場に入るためのチケットに加え、宿泊先や現地までの移動手段も含まれています。面倒な手間を省いてレース観戦に集中できるのが、シンガポールF1観戦ツアーの大きな魅力です。なおこの国で行われるグランプリは、他と違って日が沈んでからのスタートとなります。コースは無数の照明でライトアップされ、その中を光り輝くマシンが走るという光景を見ることができます。通常は昼間に開催される他国のF1グランプリと比べても特徴的で、美しい夜景の中で行われる珍しいレースを見たい人に最適です。

区分されたエリアと金額

フォーミュラカー

F1シンガポールグランプリは、シンガポールのマリーナベイ市街地コースで行われるF1世界選手権のレースです。F1グランプリは、世界を転戦して20戦ほどしてその総合得点でチャンピオンドラーバーと、チャンピオンチームを決めるものですが、シンガポールではこのレースを2008年以降開催しています。このシンガポールグランプリの特徴は、モナコと同じ市街地コースを走ることと、シンガポールだけにある特徴として夜間にレースが行われることです。そして、レースの他にも豪華なアーティストのライブパフォーマンスが行われていること、また、レース終了後にF1カーが走ったコースに入り歩いて回ることができることなどの特徴があります。これらの特徴を持つレースですが、コースをゾーン1からゾーン4までに区分して入れるエリアを限定したり、立見にするか座席ありとするかにより観戦チケットの金額に差がつけられています。そしてチケットは日本のチケット会社においても購入することが可能です。たとえば全てのゾーンに入れるうえで、ピットに近い席を確保しようとすると、10万円を超える程度の金額が必要となります。それに対し、ゾーン3、4だけということであれば、3万円弱の金額で購入することが可能です。また、旅行会社では、観戦ツアーなども用意してくれています。そのため、初めて海外旅行をする人でも安心してシンガポールグランプリを観戦できます。夜間に行われるレースなので昼間は家族サービス、夜はレース観戦ということも可能なので家族を連れて行くにもよいレースといえるでしょう。

早期割引もある

レーサー

ヨーロッパで生まれたF1グランプリは、主に欧州の国々を転戦するのが特徴です。アジアで開催されるのは日本グランプリが有名ですが、最近はシンガポールや中国、マレーシアといった地域もスケジュールに組み込まれるようになってきました。中でもシンガポールのF1グランプリは人気が高く、観光名所として世界的に有名であることが影響しているようです。日本からも近く渡航しやすい距離にあるため、初めての海外F1観戦はシンガポールを選ぶのも良いかもしれません。観戦するには、F1シンガポールグランプリのチケットを用意する必要があります。チケットが発売されるのは年によって変わりますが、直近では1月ごろから購入できるようになっています。これは早期割引が適用されるチケットで、1割り以上安く入手できるのでおすすめです。通常の販売期間は5月ごろからとなっています。購入方法はいくつか用意されており、有名なものとしてはネット上のチケット販売サイトがあります。こちらはスマホやパソコンから注文することができ、自宅にいながらでも利用できる点が便利です。シンガポールグランプリのチケットは、コース上のどのポイントで観戦するかによっても価格が変わってきます。人気のある観戦席は早く売れてしまうため注意が必要です。旅行代理店が提供している、F1観戦ツアーに申し込むことでもチケットを入手できます。この場合はホテルの料金なども含まれているため、宿泊施設の手配などが必要なく利用しやすくなっています。ピットウォークが可能なチケットもあるなど、より楽しみたい方に向いています。